« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

携帯ストラップ

 大好きなヒスミニちゃんで、携帯ストラップを作りました。

 

Photo  

 

 小さな布で、できるので、端切れでOK! 裏に当ててある黄緑の布はフェルトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

つるし雛「実りの秋」

 実りの秋にふさわしい つるし雛を買いました。

 

Photo  

 一番上から、「かかし」 「米俵」 「すずめ」 「柿」 「とんぼ」 「きのこ」 「三角」です。 それぞれの間に、ちりめんの玉があります。

 

 これも、つるし雛のお店で買ってきました。 発泡スチロールの玉を活用しているようです。 形がしっかりしていて、軽いのが特徴です。

 

 仕上がりのかわいさと丁寧さ、アイディアには、ただただ「すごい」としか言いようがありません。 もっとすごいのは、いっぱい売っていたので、ご紹介したいところですが、かなりのお値段。 mimiには手が届きません。(T-T) ごめんなさい。

 

 見るだけはタダ。 すごい作品をたくさん見てきて、mimiはほっこりした気分になったり、感動したり・・・と、楽しい時間が過ごせましたよ。(*^-^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

座ぶとん・・・です。

Photo

 

 いったい、いくつ色違いを作ったか、忘れてしまったくらい、この座ぶとんを作っています。 コレはネルで作っていますが、キルティングだったり、天竺だったり・・・。ギンガムだったり、無地だったり、水玉だったり・・・。 今、残っているのは、コレとアップリケが色違いで黄緑のものだけです。

 

 mimiと同じヒスミニちゃんのファンの人とか、入園するお子さんのいるお友だちとかにプレゼントしました。 幼稚園の小さなイスにぴったりのサイズです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

つるし雛 5作目

 母の作ったつるし雛です。

 

Photo

 

 子どもがひもに、しがみついているみたいでしょ?

 

 上からのアングルで見ると、木登りかのぼり棒でもしているみたいで、かわいい。p(>▽<)q  ほら、こんな感じ。

 

Photo_2

 

 同じ作り方のものを色違いなどでつなげていくのも、いい感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

ティッシュBOX

 ボックスティッシュを入れるケースをトールペイントしました。 

 

Photo

 

 薄型のボックスティッシュが2個入っています。

 

 本当は、ティッシュはひとつでいいんですけど、写真によく写るように、中身を2個にしてみました。 

 ひとつだと、ふたがその分、沈みます。 サイドのフリフリが強調されて、本当はその方がかわいいです。

 

 ベースの色は、外側がアイボリー、内側がラベンダーレースです。

 ギンガムチェックは、絵の具を水でうすめて格子柄を描くとできます。 簡単ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月23日 (火)

かご付つるし雛をもうひとつ

 これも廃材利用のつるし雛。

 

 昨日の、水菓子のかごより少し小さくて浅いかご。

 

 なので、2段重ね。

 

Photo_4

 

 これも母の作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

つるし雛 3作目

 秋らしく、かごの中にふくろうとお月さまの入った つるし雛です。

 母の作品です。

 

Photo

 このかごは、水菓子の入っていたかごです。(^^;)

 なかなかでしょう?

 

 なんでも、とっておくものですね・・・。(^-^*)

 これってリサイクル(?_?)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

トトロ プレート

 トールペイントで、トトロのプレートを作りました。

 

Photo

 

 映画のトトロの絵ではなく、宮崎駿さん手描きの絵から真似て描いたので、ちょっと趣きが違いますよね。 すごく素朴な感じがして、映画の絵もいいけど、こちらの絵は温かさがあるような気がします。

 

 ひとつの制作に3日くらいかかりました。 いくつか作ったのですが、みんなあげちゃって、残っているのはコレひとつです。 またまたお気に入りの「ラベンダーレース」。 デジカメに撮ってしまうと色合いが少し変わってしまいますね。 少し明るくなるみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

つるし雛 2作目

 2作目のつるし雛ができました。 母の作品です。

 

Photo_2

 

 つるし雛1作目と、お揃いです。 

 

 以前つるし雛1作目のブログで紹介させていただいた、いとこの七五三のときの着物生地を分けてくれた、叔母にあげるために作ったのだそうです。 ですから、いとこの七五三の着物生地も使っています。 いとこの着物は、黄緑がベースで、ポイントに赤が使ってありました。 

 叔母は最近、パッチワークを始めたので、そんな叔母に合わせて、「糸巻き」のパーツが入れてあります。 よく見ると、他にも違うパーツが使ってありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

グラニー 3作目

 グラニーバッグ作りに気をよくしたmimiは、もうひとつ作ってみることにしました。 せっかくなので、形を変えて、少し浅くしてみよう・・・。

 

 あっ!そうだ。

 表地と裏地の間に綿を入れて、ふっくらグラニーにしてみよう!  (^ー^)b

 

 

 ってことで、パッチワークでも使う、シート状になった綿を買ってきました。

 

 袋を開けてみたら、なんと、裏に接着剤がついています。     へぇ・・・。便利なんだぁ~。

 

 ん?

 

 接着剤の接着面って、裏地につけるの? 表地につけるの? 便利なはずなのに、どうやっていいかわかんない・・・。 またまた悩んでしまいました。( ̄◇ ̄;) 

 

 そこで・・・。

 

 いろんな手芸の本を見て、やっと、そのことが載っているページを見つけました。 表地につけるそうです・・・。 やっと、わかったよぉ。 よかったぁ~。(*´ー`)=3

 

 

ってことで、こんなのができました。

Photo

 

 綿を入れて、ふっくらなモノを作るときは、表地の裏側に接着するそうですから、mimiと同じように悩んだ方は覚えてくださいね。     (’-^*)=b

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月17日 (水)

反省点を生かして

 グラニーバッグを作ってみて、気づいたことがいくつかありました。

 

 イメージしたできあがりの全体的なラインより、かなり横に大きい感じになるように裁断してもいいってこと。 タックをとるので、持ち手の間が狭くなって、脇もあがってきます。

 

 一度目に作ったグラニーバッグは、自分のイメージしたものと少し違いました。

 生地を裁断した状態って、なんとなくノースリーブのシャツに似ていますよね? 私のイメージではグラニーバッグの形って、(シャツに見立てて)袖のところのカーブと、首のところのタックが特徴的だと思っていました。 見本もなく、作り方もわからない状態でのスタートでしたから、そのふたつのことに関しては、少しおおげさなくらいにしてみよう・・・と考えたのです。

 

 作ってみて・・・。

 

 袖みたいな部分のカーブを深くしてしまったら、首にあたる部分にタックを入れたとき、持ち手の幅がとても狭くなって、仕上がりのバランスが悪くなってしまったんです。

 

 「えっ! こんな感じに仕上がるとは思っていなかった・・・。」   がーーん( ̄□ ̄;) けっこうイメージと変わるもんです。

 

 そんなこと今さらわかっても、もう脇のところの切り込みは深くしちゃったから、元には戻せないし、「えぇ~~い!このまま仕上げてしまえっ!」ってことで、首のところのせっかくのタックをあきらめて少しだけにして、仕上げたい持ち手の幅にすることにしました。

 

 ところが・・・。

 

 なんだか、脇のところのカーブが深くて、やっぱり変。(T_T)

 

 

 ・・・・・。

 

 苦肉の策で考えだしたのが、脇の縫い目のところでタックを入れることでした。 一度目に作ったグラニーバッグをよーーく見てください。 脇にもタックが入っているでしょう? (^・^;)苦笑

 

 アップにしてみました。1作目の脇の部分です。

Photo_18   

 

 今回は、その反省点を生かして、脇のカーブは浅くして、首は広くとりました。 裁断しただけの状態では、けっこう横にでろーーんとした形でした。

 そして、仕上げたのがコレ!

Photo_16   

 仕上がりが1作目とちょっと違うんだけど、わかるかなぁ~。 

 

 作ってみたら、前回よりも、袋を開けたときの口が少し小さくなりました。 せっかくなので、底も丸くしてみましたよ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

グラニーバッグできた☆

 初グラニーバッグができました。 うれしい☆

Photo  

 

 グラニーバッグって、けっこう口が大きいんですね。 作ってみて初めて気がつきました。 サイドに切り込みがあるからでしょうか。 欲張って、ちょっと大きめに設定したので、普段使いというよりもエコバッグとしての方が似合いそうな感じです。

 

 エコバッグ・・・。 レジ袋型とか、四角い物とかが基本ですが、グラニーもいいかも。 (*^・^)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

グラニーバッグに挑戦

 グラニーバッグにチャレンジ!

 

 グラニーバッグって、かわいい形だな~と思っていたけれど、作り方もわからず、なかなか作るには至らなかったのですが、今回はチャレンジしてみようと、インターネットで調べてみました。

 

 そうしたら、いろいろな人のブログで作品は写真で公開していても、作り方とか、どこが何センチだとかは載せていなくて、「えぇ~い、適当でいいやぁ~!」と、とりあえず作ってみることにしました。

 

 

 材料の布を切りました。 

Photo_2 ←こんな感じかなぁ~。

 

 「こんな感じかも」という超テキトーな裁断です。 とりあえず、布が薄いので裏もつけることにしました。 どんな感じに仕上がるんでしょう・・・(・_・)??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

アップリケできました☆

 昨日のフェルトが、こんな感じに仕上がりました。

Photo  

 

 何を作って、何に貼り付けようかは、まだ考えていません。 とりあえず冷凍保存?しておくつもりです。 何かの作品になったら、またご紹介しますね。(*^ー^*)/~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

ひさびさに・・・。

 このところ、お菓子作りが続いたので、そろそろ縫い物でもしようかと、ひさしぶりに取り出しましたのは、フェルトです。

 

 ヒスミニちゃんのアップリケでもしようかと、形のとおりに切ってみました。

Photo  

←こんな感じです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

クラシックショコラ

 ほろ苦くて、しっとりとしたチョコレートのケーキ。 クラシックショコラです。 またもや、うちの家族は、においだけ。 もちろんmimiも・・・。(T_T) お母ちゃん、いつもいつもごめん、コレ、また、お友だちにあげちゃう。

 

Photo

 

 上の白いのは、粉砂糖。 見た目にもポイントになるし、味にも変化が感じられるはず・・・。 焼きっぱなしでOKのお菓子は、作っていても安心ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

味見ができない(;_;)

 これも味見ができなかった。(T_T)

Photo_4

 紅茶のパウンドケーキです。

 

 得意なお菓子のひとつです。 めっちゃ簡単なんです。 「ウソーーッ」って言うくらい簡単です。 混ぜて焼くだけ。 いろいろな本見て研究して、この作り方にたどりつきました。

 

 今回は「紅茶のパウンドケーキ」。いつもなら、アールグレイを使うところですが、「ない!」。 作りかけて、アールグレイがないことに気がつきました。 やばっ Σ(゜□゜;)

 

 仕方がないので、何か替わりはないかと探したら、「あった!」。

 

 あとで飲もうと思っていたウエッジウッドのストロベリーティーのティーバッグが・・・。 「どうしよう・・・。」と悩みつつ、お菓子作りに使うことに決定! ふたつしかないティーバッグをふたつとも使ってしまいました。 きっとおいしいのができるはず。 がまん、がまん。

 

 紅茶のパウンドケーキを作るときの紅茶は、粒子の細かいものの方がいいので、ティーバッグがおすすめです。 袋を破って、茶葉を入れましょう。 缶の紅茶なら、フォションなどが細かい粒子になってます。

 

 「そうだ! ストロベリーティーを使うなら、乾燥したいちごをトッピングしてみよう!」と思って、生地の上からパラパラパラ・・・。 でも、焼きあがったら、なんだかコゲっぽくなってしまいました。( ̄◇ ̄;)

 

 でも、できあがりの香りは、甘い焼き菓子のにおいとともに、かすかにストロベリーの香りが・・・。(>∇<)

 

 

 ・・・・・・。

 

 でも、これも、別のお友だちにあげるつもりで作ったので、自分は食べられませんでした。 パウンドケーキは、紙製の型ごとラッピングしてプレゼントしちゃうので、自分はにおいだけです。 母親にも、「においだけじゃなく、たまには食べたい・・・。」と、ボソッと言われます。

 

 ごめん、お母ちゃん。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

作り出したら止まらない

 何かを始めると、すぐに凝ってしまうmimi。 飽きるのも早いんだけどね・・・。(^^;)

 と、いうわけで、お菓子作りが復活です。 夏の暑い間は、オーブン系はツライし、なんだかめんどくさかったのですが、最近、過ごしやすくなってきて、お菓子作りも楽しいですよ。

 

 

 これは、二層になっているソフトクッキー。 普通のクッキーの層とグラノーラの層で、できています。

Photo

 

 はじめに、普通のクッキー生地をアルミのトレーに乗せ焼きます。 その間に、鍋にバター、はちみつ、牛乳、クランベリーを入れて煮ます。とろみがついたらグラハムクラッカー、オートミールを加えて、焼きあがったクッキーの上に重ねて、さらにオーブンで焼くんです。

 

 しっとりとしたクッキーのできあがり。 さめたら細長く切って、クッキングペーパーで包んで、モールでとめます。

 

 

 これも、お友だちにプレゼント。 「おいしかった」って言われると、なんだかとってもうれしい☆ mimiは、はじっこのかけらを、ちょっとだけ試食。 あ~ん、もっと食べたい! でも、人数分ちょうどに切ってしまったから、mimiの分はなし。( ̄□ ̄;)!!ガーン もうちょっと頭を使いましょう。とほほ・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

お菓子作りも好き

20071005104021

  

 お菓子作りをしました。 楽しいです。

 できたお菓子は、お友だちにプレゼントしました。

 

 手前のハート模様のケーキは、「チョコレートケーキ」。 チョコレートの生地にあんこが練りこんであります。 不思議と合うんですよ。

 

 真ん中にあるのは、「クランベリーのカップケーキ」。 とうもろこしの粉で生地を作りました。  クランベリーは焼いている途中で沈んでしまうので、仕上がって何のケーキか、わからない状態になってしまいます。(^^;)  そこで、ちょっとしたコツがあります。 ビニール袋に粉を少しと空気、そしてクランベリーを入れ、口を押さえて、シャカシャカさせるんです。 風船の中にクランベリーと粉を入れたイメージです。 クランベリーを粉で薄くコーティングした感じに仕上がります。 そうすると、沈まずに生地の上にあるままで焼き上がるので、仕上がりがきれいですよ。(^▽^)v

 

 奥にあるのは、「抹茶ムースと水ようかん」。 二層になっています。

 

 抹茶のムースに合わせて、ラッピングもグリーン系で統一です。 かわいいでしょ?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月 6日 (土)

つるし雛の講習会?

 私の母はつるし雛を作ります。 もう、いくつかできあがったのですが、ご近所さんがそれを見に来て、「自分もやってみたい」と思ったのでしょう。 母に「教えて!」と言いました。 母もまだ始めたばかりなので自信がないようですが、作りかけを持ってきては「この後どうやったらいいの?」と聞かれるので、講習会のようになっています。

 

 今夜もその講習会が開かれました。 人に教えると、自分の理解も深まってきますよね。 それに、みんなで作るのは楽しいです。    (*^▼^)b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

つるし雛パーツの作り方

 いまだもってまだ名前のわからない、あのパーツの作り方を、自分なりに研究して、つきとめましたので、ご紹介しますね。  (^ー^)v

 このパーツ、いろいろな本で作り方や名前を調べたのですが、全く載っていなかったんです。 でも、つるし雛のお店の作品には、けっこう使ってあったんですよ。 お店で、このパーツがついた作品は買ったのですが、けっこう高かったので壊してまで作り方を調べる勇気はなくて・・・。 だから、試行錯誤のうえ、やっと、たどりつきました。 うれしかったので、ご紹介しますね。 ただし、この作り方であっているかの保証はありません。

 

 

画像をポチッとすると、大きく、見やすくなります。

  ↓  ↓  ↓

 

  

 [材料]・・・パーツひとつ分

   ちりめんなどの生地(6cm×6cm)・・・1枚  ・  綿・・・少々

 

 

 [作り方] 

Photo_2 ①綿をなんとなく四角っぽくたたんで生地の中央に置く。

 

 

Photo_3 ②左右の端を真ん中に合わせて折る。

 

 

Photo_4 ③上下の端を真ん中に合わせて折る。

 

 

Photo_5 ④さらに下の端を上の端に合わせるようにして半分に折ってから、上部の真ん中を糸で1ヶ所とめる。(上部は二枚になっている状態で、下部が輪)

 

 

Photo_6 ⑤左半分は左手で押さえ、右手人差し指を中に入れ開き、④で右下だった角を縫いとめた位置までもっていく。(横からみると逆三角形に見える)

 

Photo_7 ⑥ふたつとも⑤のようにすると、写真のようになる。(上から見たところ)

 

 

Photo_10 ⑦はじめに縫ったところに合わせ同じ位置で1ヶ所だけ、横からも縫う。(中にある生地の端もつまんで一緒に縫う。)

 

 

Photo_11 ⑧縫ってあるところに親指を、そして、逆三角形の下の部分を人差し指で押さえ、ぐりぐりと指を動かして、綿をなじませ、パーツの形に仕上げる。

 

Photo_12 ⑨できあがり

 

 

 

 布で作ると

Photo_14 こんな感じ

 

 

 いくつか作るうちに、手が慣れてきて、あっという間に仕上げられるようになります。この小さいパーツは、つるし雛の中に入れると、メインの飾りを引き立ててくれるので、とても便利です。 よかったら、参考に、作ってみてください。

 

 

 

このあと、他のつるし雛パーツの作り方も更新していますので、よかったら見てくださいね

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

トトロのリース

 「となりのトトロ」も大好きで、こんなのを作りました。 これは、少し前の作品です。

 

 大トトロと小トトロ、きのこは、紙粘土で作りました。 できあがったトトロを、モスや木の実たちと一緒に、リースにくっつけました。本物と合わせると、かなり雰囲気が出ますね。

Photo

 

 

[トトロリースの作り方]

 紙粘土をこねこねして、大トトロと小トトロ、きのこなどの形を立体的に作っておきます。

Cimg1560

←こんな感じです。

 紙粘土が乾いたら、アクリル絵の具で色付けをして、仕上げにニスを塗ります。

 それができたら、いよいよリース作りです。

 

 まず、既製品のリースにモス(注1)を、グルーガン(注2)で、ベタベタと無造作にくっつけます。 モスには、緑の濃いものと薄い色のものがあるので、いろいろ混ぜるといいですね。

 次に、トトロが安定しそうな所に、トトロを置いてみます。 そこでOKなら、トトロの足の裏などの、モスやリースと接している部分に、グルーをたっぷり塗って、熱いうちに固定します。 冷めて固まってくるまで、すこしそのまま持っていてください。

 全体のバランスを見て、さみしそうだなと思う所や、ここにコレを入れたいと思う所に木の実などにグルーをつけて、差し込んでいきましょう。

 これで、できあがりです。 簡単ですね。

 

(注1)モス・・・コケ。(ドライフラワーなどを扱う手芸屋さんにありま          す。)

(注2)グルーガン・・・鉄砲の形をしています。握りの下にコードが           ついていて電源をとります。後ろから、グルーと言う          「ろうそくのようなもの」を差し込みます。                 引き金を引くと、口からグルー(実際はろうではあり          ません)が、熱で溶けて出てきます。 それが冷えて         固まるとボンドのようにくっついてくれます。 工作にも         使えて便利な道具です。

 

 フラワーアレンジメントもするので、私の道具や材料は、そういった類の専門のカタログで購入したものですが、今は、100円均一で、リースはもちろん、グルーガンもグルーも、モスやドライフラワーなんかも買えちゃいます。 紙粘土も、アクリル絵の具も買えます。

   :                                        :

 !!(゚ロ゚屮)屮

 あっ、道具と材料、全部100円均一でそろいますね。 お得でうれしいことなのに、なんかさみしいのはなぜでしょう・・・。 私は、けっこうお金がかかりました。(T_T) 

 

 今は本当に便利になりました。 みなさんは、お安く楽しんでください。 できあがりに大差はありません。 手作りは、楽しむことが大切です。(^ー^)v

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »