« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

つるし雛パーツ「亀」

 本日のパーツ紹介は、「亀」です。

 

 Il

 

 

 さて、そのいわれは、言わずと知れた「鶴は千年。亀は万年。」というように、長寿の象徴であり、「健康で、長生きできますように・・・。」との願いが込められています。

 

 

 七五三の飴の袋にも、「鶴と亀」が描かれていますね。 この袋だけでなく、千歳飴も象徴するように、細く長く・・・と、長寿を願うのは、このつるし雛とも共通しています。

 

 

 みなさん、お互いに、いつまでも健康で長生きして、人生をENJOYしましょうねイエェ~イ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

つるし雛パーツ「ふくろう」

 「ふくろう」のつるし雛です。

 

 

 そのいわれは、有名なので、ご存知の方も多いでしょうか?

「不苦労」。

つまり、苦労をしないように・・・との願いが込められています。

 

 

Il_2

 

 

 「mamaの手作り」の中に、

 ふくろうを使ったつるし雛はいくつかあります。

      ① いとこに贈ったつるし雛

      ② まんまるお月見ふくろう

      ③ 2段かご入りふくろう

      ④ 初めて作った大きなつるし雛

      ⑤ 上の写真のふくろうの入ったつるし雛

 

 

 

 改めて見てみると、ふくろうって、けっこう使ってますね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

つるし雛パーツ「座ぶとん」

 今回も、超簡単なつるし雛パーツです。

 

 

 Il

 

 

 「座ぶとん」です。

 

 

 では、そのいわれから・・・。

座ぶとんのまわりで赤ちゃんが這って遊ぶことを表し、「早く座れるように」との願いが込められています。 柄布と無地布を合わせて作り、中に綿を入れ、ふっくらと仕上げます。

 

 

 作り方は・・・。

できあがりが、6cm×6cmの座ぶとんになるように、縫い代をつけて裁断し、袋状にまわりを縫います。 中に綿を入れ、口を閉じ、四隅に飾りひもをつけます。 柄布と無地布の座ぶとんを写真のように合わせて、×印に中心を縫いとめます。

 

 

 ちなみに、この座ぶとんを使ったつるし雛は→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

祝ブログ更新200回記念

 手作り作品のブログを始めて、今回で200回目となりました。

 

 

 自分でも、こんなに続くとは思っていなかったので、とっても嬉しいです コメントをくださったり、「見たよ」と言ってくださった方々のおかげです。 ありがとうございます。

 

 

 ますます頑張っていきたいと思います。 これからも、『mimiの手作り屋さん』をよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

つるし雛パーツ「三角」

 今日から・・・。

 

 つるし雛のパーツと、そのいわれをいくつかご紹介していきたいと思いま~す

 

 

 

 まずは、一番簡単な「三角」です。

Il

  

 

 まずは、そのいわれから・・・。

 

 「香袋」と言います。

「薬袋」とも言われています。 気を静めるお香は貴重品で、薬代わりでもありました。 三角の上部を平らにして、紫と白で「富士山」を表したものもあります。

 

 

 作り方は、 

 一辺が8~10cmの正方形の布を、三角に折って、綿を入れる・・・という、超々簡単なパーツです。

 

 

 

 あまりに簡単なので、応用編です。

Il

 

 無地の生地と合わせるのもステキです。

 

 

 

 「最初にご紹介の三角」を使ったmama作のつるし雛は→コレ

そして、「応用編の三角」を使ったのは→こっち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

うさぎさん

Il

 

 mimiのmamaが作った、つるし雛のうさぎです。

 

 

 つるし雛用ですが、置き物みたいに飾ってもかわいいですね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

稲取のこいのぼり

 本当は、子どもの日までに、この「稲取のこいのぼり」を、UPしたかったのですが、体調を崩し、ブログの更新ができなかったので、今頃になってしまいました

 

 

 

 でも、まだ5月なので、許してね

 

 だって、かわいいこいのぼりなので、ぜひ、ご紹介したかったんですもの

 

 

 ↓↓ 稲取で買ったこいのぼりのつるし雛

Il_2

 

 

 稲取のつるし雛の特徴は、パーツのお人形にひもを通さないで、後ろで渡すこと。 このこいのぼりも、後ろはひもが渡してあります。

 

 

 矢車は、こんな感じ ↓

Il_3

 

 

 男の子もちゃんと、兜をかぶっています ↓

Il_4

 布を、折り紙みたいにして、兜を折ったのですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

体調を崩していました

 今月に入って、まだ3度目の更新です。

 

 いつも、けっこうまめに更新していたので、こんなにお休みしたのは初めてです

 

 

 

 実は、体調を崩していました・・・。

 

 そりゃあもう、苦しくって、つらくって、気持ち悪くって・・・。 じっとしていられない程で、まさに「のた打ち回って」いる状態でした。 そして、なんだか悲しくなっていたmimiでした

 

 PCなんて、全く開けない状態で、実はついさっきメールチェックしたら、81通もドドドドドーーーンと、メールが入ってきて超ビックリです ひょぇぇぇ・・・ 

 

 

 

 

 でも、

おかげさまで、ようやく復活でぇ~す

 

 まだ、今までのように、モリモリと食べられないんですけどね・・・。 でも、元気になりましたよ

 

 

 

 その間、ブログはもちろん、手作りもできなかったんですけど、これからはまた、少しずつ進めていきたいと思っています。

 

 また、よろしく、おつきあいくださいませ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

G.Wも終わりですね

 このG.Wに、mimiは、銀座でを飲みました。

 

 いやぁ~、うまかった

 

 

 

 で、次のお店に・・・ってことになって、新橋へ。

 

 がらりと雰囲気も変わって・・・。

ビールケースの上に板を置いてテーブルにし、

店の前は、まるでビアガーデン状態。

いやぁ~、ここも、実にうまかった

 

 

 

 二次会の新橋へ行く途中、

日本一土地の高い場所にお店を構えている、銀座鳩居堂へ行ってみました。 お店に入ると、ぷぅ~~んと、お香のいい香りが・・・。

 

 そこで、mimiは、こんな「ちりめんのこいのぼり」に一目惚れ

Il

 

  

 こいのぼりの上に乗っている男の子が、なんともキュート

 

 

 ちゃんと、兜をかぶっているんですよ。

Il_2  ← ほらっ!

 かわいぃ~~! p(≧∀≦)q

 

 

 この他に、鳩居堂で、mimiはステキな絵はがきも買いましたよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

5月になりましたね

 今日から5月です。

 

 

 mimiの住んでいるまわりで、

mimiはまだこいのぼりを見ていません

 

 

 最近は、あまりこいのぼりをあげないのかなぁ~。

のぼりをあげるお家もありますよね?

 

 

 

 こいのぼりは、どうしてあげるようになったのでしょう?

 

 

 

 昔、武士の家に男の子が生まれると、天の神様に「空の上から、どうぞこの子をお守りください」と、いう目印に幟(のぼり)を立てたそうです。 その風習は庶民の間にも伝わりましたが、武士と同じ幟を立てることは許されませんでした。 そこで、庶民は、流れの急な川や滝さえも、力強く泳いでのぼる鯉が、やがて龍になったという言い伝えから、「わが子が、健康で力強く、たくましく成長し、出世しますように」と幟の代わりに、こいのぼりを泳がせるようになったのが、始まりだと言われています。

 

 男の子のお祝いと言われていた「子どもの日」ですが、国民の祝日に関する法律では、この日を「子どもの人格を重んじ、子どもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」として、男女関係なく、子どもの成長を祝うと制定したそうです。

 

 

 

 調べてみるまで、「母に感謝する日」であることを知りませんでした。 こんなに大きな子どもですが(^^;)、その日はmimiも、改めてmamaに感謝しようと思います

 

 

 そして、そんなmimiんちのmama作ったこいのぼりをご紹介です

 

Il_4

 

  今回も、「この子も、中国雑技団?」な子どもが参加していますね。 こいのぼりも、

よく見ると、「めざし」ならぬ「頬刺し?」になってますぅ~ 

こいのぼりを泳がせる都合から、こんなことになってしまったようです 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »