« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

「もも」の応用

つるし雛パーツ「もも」作り方①と、と、の応用です。

 

 

 

「もも」を3つ、つなげてみました。  ↓

L_convert_20090226232739

 

 

↑ こんな感じになりました。

なんだか、不思議な形ですね。

 

 

以前に、「もも」をたくさん作ってあるので、それと、

これ↑も使って、何かにしてみよう・・・とmamaが考えています。

どんなものになるのか・・・。

さてさて、お楽しみに・・・。

 

 

 

 

では、今日も、mamaの愛用道具を紹介します。

それは、コレ  ↓  ↓

Convert_20090226233551

まるで、トイレットペーパーのように(?)糸を、カラカラカラ・・・と

好きな長さだけ取り出せちゃう優れものです

糸は、パッチワーク用のものをよく使っていますよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

つるし雛パーツ「もも」作り方③

一昨日の記事(つるし雛パーツ「もも」作り方①)です。

     

 

昨日の記事(つるし雛パーツ「もも」作り方②)です。

 

 

その続き・・・です。

  ↓  ↓  ↓

 

 

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 

 

⑦1/3を縫わないで残したまま、ループ返しを通します。

_convert_20090225222244

     なぜ、1/3残して、ループ返しを通すかというと、

       それは、こんなことにならないようにするため。

     「先が、トンネルから出てこないぃ

         ↓  ↓

Convert_20090225235251

     折り返した口布の端にループ返しの先が、

       ひっかからないようにするため・・・なのです。

     

 

 

ループ返しを通したまま、残りの1/3をまつり縫いします。

_convert_20090225235825

     ちょっと面倒ですが、これをすることで、ひも通しが

       すっごくスムーズになりますよ。

 

 

 

ループ返しの先に、ひもを掛けて、そのまま引き抜きます。

_convert_20090226000328

 

 

 

⑩引き抜いたら、こんな感じ。

_convert_20090226000828

     ここまでくると、仕上がりはあと少し・・・。

 

 

 

⑪ひもの中央で、固結びをします。

_convert_20090226001100

     ゆるまないように、しっかり絞ってから結びましょう。

 

 

 

⑫もも裏面の、絞ったところ辺りをへこますようにして

   なじませ、形を整えます。

_convert_20090226001340

     全体はふっくらしていて、絞ったところ辺りはスッキリ

       している感じに仕上がります。

 

 

 

できあがりです

_convert_20090226001848

     無地や柄物、ピンクの濃いもの薄いもの・・・などに

       本体布をかえてみると、変化がでて、ステキですね。

     口布も、色の変化をつけると楽しいですよ。

       ↓  ↓  ↓

_convert_20090226002414

     最後は、残っているひもを、固結びの位置で

       リボン結びにして、そのまま飾っても良し、

       つるし飾りにしても、良し・・・。

     たくさん、作ってみましょう

 

 

 

 

 

今日は、とってもご機嫌がよくて、スムーズにできました。

ε-( ̄▽ ̄;)ほっ

でも、説明に3日もかかってしまいましたね

ごめんなさい。

おつきあいいただきまして、ありがとうございました。

この説明で、おわかりいただけましたでしょうか?

もし、作ってみた方がいらっしゃいましたら、

コメントいただけると、励みになります。

よろしくお願いします。

m(_ _)m

 

いやぁ~、とりあえずは、

やっとできた安堵の気持ちと、達成感、満足感で

今夜はスッキリ気分で眠れそうです。 ・・・なんちて

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

つるし雛パーツ「もも」作り方②

昨日の記事からの続きです。

  ↓  ↓  ↓

 

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 

 

④綿を入れます。

_convert_20090224222353

     残りの1/3の口から、綿を入れます。

     結構しっかりと入れた方がキレイに仕上がります。

     詰めていくと、思ったよりかなり綿が入ります。

     両端のとがった角だけは、やや少なめでいいです。

 

 

 

⑤綿が入ったら、残りを端まで縫います。

_convert_20090225010108

     縫い始めと同様に、口布の端は三角のとんがりの

       あたりで、折ってから縫い止めます。

 

 

 

⑥ひっくり返して裏面側で、口布が下にくるように置き直し、

   口布全体の2/3くらいまで、まつり縫いをします。

_convert_20090225010547

     口布は、5~7mmくらい縫い代をとって折り、綿を

       入れて綴じた縫い目の位置で、まつり縫いします。

     この口布のトンネルにひもを通しますから、絶対に

       トンネルの入口と出口を縫いふさがないでくださいね。

 

 

 

と、いうことで、続きはまた明日に更新します。

もったいぶって小出しにしているわけではないのですが・・・。

本当にごめんなさい。

また、よろしくお願いします。

m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

つるし雛パーツ「もも」作り方①

つるし雛のパーツには、たくさんの種類があります。

「さるぼぼ」や「ふくろう」「もも」などは、有名ですね。

 

 

今日は、その中から、一番簡単で、

しかも、それだけで「大作」にすることができるものを・・・と、

思い、「もも」の作り方を、数回にわたって、ご紹介したいと思います。

 

 

何故、数回?

それはね・・・・、ブログが長くなると、

仮出所の(いえいえ、仮退院の)パソコンのご機嫌が悪くなり

それまで打っていたものが、すべてパーーーになるんです

そうです、全て、全部、みんな、ALL・・・、パァです。

実はね、昨日のブログも、たったアレだけで、4時間かかりました

・・・ありえない

まぁ、それでも、前よりは調子いいんだけどね。

 

 

と、いうわけで、ご機嫌のいいうちに終了するため

数回にわけることにしました。

すみません。

ご協力ください。

 

では、「もも」の作り方の、はじまりはじまりぃ~~♪

 

 

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 

 

材料 : 本体 → ちりめんなどの和布

           (柄あり柄なし何でもOK。風呂敷もOK。)

      口布 → 薄手の正絹

           (内緒ですが、裏地で代用できます

      ひも → つるし雛用のひも

           (市販されていますがリリアンで代用OK)

      中綿 → 化繊綿

 

 

道具 : (絶対使うもの→)まち針、縫い針、糸、ハサミ

      (あると便利なもの→)ループ返し、鉗子(糸始末セット)

                   遠くがよく見える方には糸通し器

      ちなみにmamaは全て使っています。

 

 

では、作り方の紹介です。 ↓

 

 

[準備]

下の画像のように、布を裁断します。

_convert_20090224132012_2

     これで「もも」1個分です。

 

 

 

 

[作り方]

①中側が表になるように半分に折り、下を縫います。

_convert_20090224131503_2

     「返し縫い」で縫いましょう。

     あとで、綿を入れるとき、縫い目が広がらずキレイです。

 

 

②縫ったらひっくり返して表面を外側に出し、三角にします。

_convert_20090224135955

     縫い目が中央にあるのが、

       仕上がったときの「裏面」になります。

 

 

③「もも」の表面に口布を重ね、まち針でとめてから縫います。

_convert_20090224141210

     本体と口布は表合わせで重ねます。

     口布の両端は三角のとがった頂点あたりで折ります。

     縫い代は、5~7mmくらいです。

     本体裏面、表面、口布の3枚を重ねて縫います。

     三角の一番長い辺の2/3くらいまで縫ったら、

       一度、ちいさな玉どめをします。(糸は切りません。)

 

 

 

と、いうわけで、続きはまた明日。

ごめんなさい。よろしくお願いします。

m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月23日 (月)

祝★退院

デジカメに続いて、

パソコンも入院してしまった「mimiの手作り屋さん」でしたが、

この度、無事?退院することができました

わーい!\(*^▽^*)/

・・・と言っても、パソコンは仮退院ですがー。(^^;

 

 

 

 

まぁ、とりあえずは、めでたい・・・ってことで、

さっそく、

ただ今、シーズン真っ盛りの「つるし雛」について

いろいろUPしていきたいな~と思っています。

それでは、準備にとりかかりまぁ~す

(^^ゞ

 

 

 

 

と、いうことで、さっそく明日にでもUPする予定です。

(o^-^o)

 

 

 

 

 

でも、退院初日の今日は、せっかくですから

mamaの、つるし雛作りの「お道具」を3種、ご紹介しますね。

 

 

 

 

 

てれれれってれ (ドラえもんが道具を出すときの音楽で)

 

「誰でもすぐに、糸通し~」

  ↓  ↓  ↓

Photo

こりゃぁスゴイ!

本当に簡単に糸が通せちゃう!

クローバー糸通し器」(キーワードを糸通し器で検索)

     メーカー希望小売価格→1,785(税込)

     品番 : 10-517

     細い針から太い針まで1つの差し込み口で糸通しがカンタン!

     1つのボタンを押すだけ

     デスクスレダー(卓上型糸通し器)

 

 

 

 

さらに、

てれれれってれ (ドラえもんの音楽で)

 

「誰でもすぐに、ひも通し~」

  ↓  ↓  ↓

Photo_4

バッグ持ち手のような細くて長いものも簡単に返せちゃう

つるし雛作りにも大活躍

クローバー ループ返し」(キーワードをループ返しで検索)

     メーカー希望小売価格→1,050(税込)

     品番 : 21-701

     面倒なループづくりが簡単。 長短2本組。

     布端に刺し込みひっぱるだけで、簡単に表に返せます。

     先端は、ニット編み機のようになっていて

     ひっかけたものが、外れにくいようになっています。

     mimiは、mamaと1本ずつ分けて使っています。

 

 

 

 

続いて、

てれれれってれ (しつこい

 

「誰でもすぐに、手術気分~」(←なんちゃって

本当は、綿を入れるときに使っています。

  ↓  ↓  ↓

Photo_5

でも、なんだか本当に、手術の道具みたいねぇ~。

でも、チョー便利ぃ~♪

ヴォーグ 糸始末セット

     メーカー希望小売価格→1,260(税込)

     品番 :MA64002

     細かい作業に便利な鉗子と針のセット。

     ひも結びの中に引き入れたり、端の始末に使います。

     アジアンコードやヘンプなどのひも結びには欠かせない道具

     つるし雛作りでは、綿を入れるときに便利ですよぉ~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

つるし雛の季節ですねぇ~

2月も中頃になり、おひなさまを飾る時季になりましたねぇ~。

最近は、つるし雛を、あちこちで見かけたり、

「作ってみたい」という声をよく聞きます。

mimiの家にも、もちろんたくさん飾ってあって、

ご近所さんたちが、見に来てくれます。

 

 

つるし雛には、いろいろな種類があって、

最近では、桃の節句のため・・・というだけではなく

さまざまなバージョンがあり、一年中飾れます。

例えば、

これからの時季だと、「桜」とか「こいのぼり」はもちろん、

夏には、「あじさい」や「七夕」「金魚」、

秋には、「かかし」や「菊」、

冬には、「お正月」や「十二支」など、

その種類とアイディアは数え切れません。

もちろん、昔ながらの、ひなまつり用のものもステキですね。

 

 

 

 

 

実はこの頃、

急に「mimiの手作り屋さん」のアクセス件数が増えてきています。

!!(゚ロ゚屮)屮

 

 

 

ちょうど桃の節句の時季だから・・・というのもありますが

最近、Yahoo!知恵袋に、

mimiの手作り屋さんのことをご紹介くださった方がいて

どうやら、そちらからのアクセスが多いみたいです。

例の未だにまだ名前のわからないパーツの作り方が載っています。

 

 

 

このパーツは、実はすごく簡単で、しかも応用の利くものなんです。

これをたくさん作れば、あとは、「金魚」とか「さるぼぼ」とか

メインになるものが作れれば、立派な「つるし飾り」になっちゃうんですよ。

(v^ー゜)ヤッタネ!!

 

 

 

 

「どういうふうに作るんですか?」という

問い合わせもいただいていますので、

準備ができ次第、UPしていきたいな・・・と思っています。

 

 

でも、実は、mimi愛用のPCとデジカメが、仲良く体調を崩し

デジカメは、ただ今入院中。

PCも、入院の予約待ちの状態で・・・。

(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

一日も早く退院できるよう願っています。

 

 

 

 

 

↓ Yahoo!知恵袋へのアクセス

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1121416271

どなたか存じませんが、mimiの手作り屋さんを見てくださり、

そして、ご紹介くださったinuki_husego_8739さん、

ありがとうございます。

また遊びにきてください。

m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

続・もちもちパン

もちもちパンの生地を、

ウインナーにくるくる巻いて、焼きました。

 

 

コレ ↓

Il

 

 

 

うまっ! (*^ω^*)ノ彡

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »