« デコ電、その後 | トップページ | 初つるし雛に+α »

2010年2月16日 (火)

例のあのパーツのさげ方

mimiの手作り屋さん、前回の記事NEWつるし台に初のつるし雛

訪問&コメントをくださったのりすけさん

例のあのパーツをつなげるにはどうすれば・・・

と質問してくださいました。

 

 

はっ

Σ(゚□゚(゚□゚*)

そうか・・・。そうだった。

パーツの作り方はUPしたけれど、つなげ方はまだだった・・・と

反省をしました

 

 

と、いうわけで

今回は、のりすけさんのリクエストにお答えして、

例のあのパーツのつなげ方をUPします

 

mimiとmamaの自己流ですが、

参考にしてくだされば嬉しいです

 

 

 

 

では、

まず、針について説明させてください。

 

 

これが、mimiとmamaが使っている針です。

Photo_2

   一番右が、縫い針です。

      これで、ちりめんをチクチク縫います。

 

   真ん中は、大きいパーツをブスッと突き刺す針です。

      すでに、つるし雛用の紐が通してあります。(左も)

 

   左も、パーツを刺す時に使いますが、小ぶりのパーツ用。

      だいたい、編み物を綴じる針くらいの大きさ&太さです。

 

 

 

これで、針の種類については、ご理解いただけたと思いますので、

続いて、紐について説明させていただきます。

 

 

 

最近では、「つるし雛用」という赤くて太めでしっかりとした紐が

売られていますが、

mamaが始めた当時は、大きな手芸店でも扱っていなかったので

よく、リリアンで代用していました。

大きいつるし雛を作るときには、

リリアンを2本どりにするなどの工夫をしていましたよ。

「つるし雛用」の紐は、アジアンノット用の紐くらいの太さがあります。

 

他には、手芸店に、

赤やピンク、紫、紺などで、アクリル系?の紐があって、

かなり太めではありましたが、これを使ったこともあります。

あられなどの小袋の口を、飾りで縛っている紐と似ています。

そういえば、縞々の紐もあったなぁ~。

 

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 

パーツをさげる時は、紐の長さを、

さげたいと思う1本分の長さより、少し長めに切ります

 

mimiとmamaは、心配性で、

「途中で足りなくなったら困るから」「あとで切ればいいし・・・」と、

30cmくらい余分に切って、

余らせてしまって、もったいないことをしたり、

長い紐のせいで、予定よりかなり大きいつるし飾りになってしまい

なんとなく間の抜けた感じに仕上げちゃったりします。

(TдT)

 

実は、前回UPしたNEWつるし台に初のつるし雛は、

30cm以上余分にしたために、

仕上がりが大きくなってしまったのです。

とほほ・・・(ノ_-。)

ただ今、プラスのパーツを制作中←もうすぐ仕上がります。

 

 

さげる本数は、

奇数が縁起が良いといわれています。

まず、

テーブルや床などの広いところに、

1本の紐に、どの順でパーツをさげるか、順に並べてみます。

その隣に、次の紐にさげるパーツを順に並べ、

同様にして、さげたい本数全てを並べましょう。

同じものが並ばないように(もしくは並ぶように)色具合いや、形など

縦や横の関係をよく見て、リハーサルします。

パーツに紐を通してしまうと、

やり直すのはなかなか大変なものですから、この時点でよく悩んで

順番をしっかり決めておくことをオススメします。

 

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 

例のあのパーツのさげ方は、

前回のNEWつるし台に初のつるし雛の方法で、説明しますね。

 

 

Photo_3

まず、

①パーツ用の針に紐を通して、端に結び目を作りました。

②次に、大きめのビーズを通します。 

 (前回の説明にも書きましたが)

 かわいいだけでなく、重りの役目もあります。

 紐がまっすぐ安定してくれます。

③そして、ひとつ目の例のパーツです。

 ここまで、ボンドは使用していません。

 

 

パーツの刺し方は、

「下から刺し、糸で結んだ所に出す」という方法です。

Photo_4

 

 

机や床に並べた各パーツを、下から順に刺していきます

1本分、全て刺し終わったら、次の紐の分も同様に刺し、

この調子で、全てを刺します。

①から③は、あくまでNEWつるし台に初のつるし雛のときの順で

つるし飾りによって、いろいろ変えています。

慣れてきたら、自分なりの工夫を楽しんでみてください。

 

 

稲取地方のつるし飾りは、

刺してしまうのは、かわいそうなので・・・と、

ブスッと針を刺さずに、

パーツの表面に紐が見えるかたちで渡していきます。

 

 

mimiとmamaも初めは、このことでずいぶん悩みましたが、

できあがりのきれいさと、安定さから、

刺す方式で、仕上げることにしました。

他地方のつるし雛は、刺しているところも多いので

結論的には、どちらでもいいのだと思います。

 

 

 

さて、実は、

刺しただけでは、その位置に固定できず、

ボンドなどで、とめる必要があります。

mimiとmamaは、木工用ボンドを使います。

黄色のボトルに赤いキャップの、木工用ボンドです。

乾くと透明になるので、安心して使えます。

 

 

例のあのパーツの場合は、

パーツの下の所に針を刺した位置に、ボンドをつけています。

ボンドは、紐とパーツの両方に絡むようにつけましょう。

Photo_5

固定したい位置(間隔)にパーツをスライドさせ、ボンドでとめます。

刺してしばらくはボンドなしでも、

パーツがズリ落ちてくることはありませんが、

日が経つにつれ、重力には勝てず、だんだん下がってきてしまい

その時になって、ボンドづけしようとしても、

ちょうどいい位置で、「乾くまでちょっと待ってて」が

できなくなるので、早めにボンドづけすることをオススメします。

( ´艸`)プププ

 

 

さて、だいぶ説明が長くなりました。

こんな下の方まで、ご覧くださって、ありがとうございます。

m(_ _)m

 

 

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 

のりすけさんへ♪

 いかがでしたでしょうか?

 こんな説明でおわかりいただけましたでしょうか?

 のりすけさんが聞きたいことが書けていますか?

 わかりにくかったら、ごめんなさい。

 よかったら、またmimiの手作り屋さんに遊びにきてください。

 お待ちしています

|

« デコ電、その後 | トップページ | 初つるし雛に+α »

つるし雛・ちりめん細工」カテゴリの記事

作り方」カテゴリの記事

mimiの手作り」カテゴリの記事

コメント

やさしいお言葉、ありがとうございます。
今の私にはただただお礼を言うことぐらいしか
できませんが・・・mimiさんのお言葉に
たくさん助けられてきました。
何度かメッセージをいただいていたのに
一度もお返事できず、申し訳ないです(;_;)
まとまりのない単語の集まりでしかないですが、
お礼だけはどうしても伝えたいと思い、
コメントさせていただきました。
本当に、本当にありがとうございます。
これからも頼りにさせてください(>_<)

投稿: pico・ | 2010年2月17日 (水) 15時41分

今回のつなげ方、勉強になります。
( ̄人 ̄)
私はぬいぐるみ用の針(長さは15位)を使って、えんじのリリアン2本どりでつなげましたが、ボンドは使いませんでした。パーツの上下で念入りな玉結びをしただけだったので…ちょっと不安
(=_=;)
姪っ子誕生祝いに姉にプレゼントしてしまったので、補修も難しいし…
今またひな飾りを作っているので、それを届けたドサクサでコッソリボンドを付けて来ようかな〜なんて…
すっかり親バカならぬ叔母バカです
(^_^)v

投稿: くろぴ | 2010年2月18日 (木) 01時33分

pico*さんへ♪
お礼なんてとんでもないです。
こちらこそ、わざわざありがとうございます。
こうやって、また、pico*さんとお話できること、嬉しく思います
無理をしないでくださいね。
でも、pico*さんが元気になってくれると私も嬉しいので、復活を楽しみにして待っていますよ
ゆっくり、ゆっくり進んでいきましょうね
実は、今日は、mimiもかなり凹んでいましたが、
pico*さんのメッセージに救われました。
ありがとうございます。

投稿: mimi | 2010年2月18日 (木) 22時08分

くろぴさんへ♪
今年もまた作られるんですね?
すごぉ~い
お手間がかかることなのに、姪御さんへの愛情を感じます
お姉さまにも喜ばれますね
さて、パーツの固定の方法ですが、実は、mamaも最初は、
くろぴさんと同じように、玉結びで留めていました。
でも、なかなか「ここだ!」というちょうどいいポイントに玉結びを作るのは大変で、遠目からチェックしたとき、「あぁ、もうちょっと下だったかなぁ」なんてときに、やり直すのが大変そうでした
ボンドにしてからは、乾かないうちならスライドできるし、もちろん、紐を通したばかりなら、ズリ落ちることがないので、「ちょっとここで待っててね」と仮の位置を遠目でチェックし、「よしっここだ!」って所でボンドをつけていましたよ。
見た目にもスッキリするし、案外いいみたいです。

投稿: mimi | 2010年2月18日 (木) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 例のあのパーツのさげ方:

« デコ電、その後 | トップページ | 初つるし雛に+α »