« うさぎさんのお雛さま⑨ | トップページ | うさぎさんのお雛さま⑪ »

2011年2月28日 (月)

うさぎさんのお雛さま⑩

今日は、時間がたっぷりあったので、

細かい作業をしました。

 

 

 

仕上がったのは、「右近の橘」と「左近の桜

 

 

 

お雛さまの段飾りに、このふたつがあるのは、

京都御所(平安京の内裏)の正殿・紫宸殿の前の両わきに

植えられているものを真似しているそうです。

 

 

 

正殿(天皇)から見て、右側が橘、左側が桜なので

「右近の橘」「左近の桜」になりますが、

我々から見ると逆になるので、

向かって左側が「右近の橘」で右側が「左近の桜」となります

 

 

 

 

mimiの作った「右近の橘」と「左近の桜」です。

Photo

 

 

 

 

さて、大きさはどのくらいでしょう?

 

 

 

 

まずは、橘の実を、まち針と比較してみましょう。

Photo_2

 

 

 

 

今度は、ハサミと比較してみましょう。

Photo_3

 

 

 

 

もともと、作ったお雛さまが指先に乗るサイズでいたので、

橘と桜も小さくなくてはなりません。

めっちゃ大変でしたぁ~

 

 

せっかく作った橘を、ひとつ紛失したmimi

実は、papaが、

薬の錠剤より小さい黄色くて丸いものを拾い、

「???クスリ? 違うなぁ~」と、ゴミ箱にポイッ

「え゛ーーーーっ」と、なったmimiでした

|

« うさぎさんのお雛さま⑨ | トップページ | うさぎさんのお雛さま⑪ »

つるし雛・ちりめん細工」カテゴリの記事

mimiの手作り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うさぎさんのお雛さま⑩:

« うさぎさんのお雛さま⑨ | トップページ | うさぎさんのお雛さま⑪ »