« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

蓮の実?の、ちりめん細工 応用編

「蓮の実?の、ちりめん細工 うさぎの作り方」は

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

この夏休みは、

「絶対にうさぎの作り方をUPするぞ!」と意気込んで、

引きこもって、がんばりました

 

 

 

たくさんの方が、これを参考に作ってくださると嬉しいです。

 

 

 

今回は、応用編として、

うさぎなし・・・の「蓮の実ちりめん細工」にしました

ほら、これもいいでしょう?

Photo

 

 

 

うさぎの作り方をUPしておいて・・・って感じですが、

うさぎなしもいい感じでしょう?

 

 

 

うさぎありの花托と一緒に飾ると、効果的ですよ

Photo_2

 

 

 

蓮の花托に、大小サイズがあったら、

うさぎありは、大きい花托で、

うさぎなしは、小さい花托で作るといいですよ

 

 

 

参考・・・「蓮の実?の、ちりめん細工」の作り方

        花の作り方・・・

        うさぎの体の作り方・・・

        うさぎの頭の作り方・・・

        仕上げの方法・・・仕上げ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

蓮の実?の、ちりめん細工 うさぎの作り方③ ~仕上げ~

蓮の実「花托」に、

ちりめんや和布で細工をして飾るものの作り方を

花、体、頭と分けて、説明しました。

今回は、仕上げの方法をお伝えします。

 

 

 

以前、UPした説明をご覧になりたい方は、こちら↓

    花の作り方・・・

    うさぎの体の作り方・・・

    うさぎの頭の作り方・・・

 

 

 

さて、今回は、頭と体を合体させ、花托の穴に刺して、仕上げる

・・・というものです。

 

 

 

 頭+体

Photo_4

  「」の記事に、「」の記事を縫い付ける。

  そのときに注意するのは、後頭部にある赤や茶色の玉止め。

  それと、耳を縫い付けたところ。

  この「裏方」っぽいところが、隠れるように、体と頭を合体させると

    仕上がりがとてもきれい

  首をちょっとかしげたような感じに合体させると、かわいい

  両腕の真ん中に頭を縫い付けるか、少し背中寄りにつけるかで

    表情も、グッと変わってくるから、おもしろい。

  お好きな位置をさがして、縫いつけてみて

 

 うさぎのできあがり

Photo_5

  左のうさぎは、ちょっと背中寄りに、首をかしげた感じに・・・。

  右のうさぎは、腕の付け根に、正面向きで・・・。

  合体の位置が違うだけで、ずいぶん印象が変わるでしょ?

 

 花托

Photo_6

  これが「花托」

 

 うさぎと花

Photo_7

  花托の大きさにもよるけど、mimiが使うのは、

    うさぎの上半身2体、下半身を1体、花を12~15個くらい。

  花托の穴全てをふさがないのが粋

  その方が、うさぎに動きを感じることができる。

  まるで、別の穴から飛び出してきそうな感じに見えるから・・・

 

 花托+うさぎ

Photo_8

  まず始めに、うさぎの位置を決める。

  ボンドやグルーなど使わなくても、グイグイ押し込めば

  やりなおすこともできるので、何度でもバランスをみて!

 

 うさぎの花托+花

Photo_9

  花の色合いと位置のバランスをみながら、

    うさぎと同様に、接着剤なしで、グイグイ押し込む

  花は押し込み過ぎると、穴の中にスポッと入ってしまうので注意

  花の大きさと、穴の大きさに気をつけて!

  花の大きさは、綿の入れ具合いによって変わるので、

    花托の穴が大きかったら、花を大きめに作ると安心。

  逆に、花がちょっと大きすぎたかしら?と思っても、

    グイグイ押し込むと、後ろ側がちょっと収まっただけで、

    きちんと安定してくれるので大丈夫

 

 

 

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪ 

 

 

以上で、

「蓮の実?の、ちりめん細工」の全工程の説明は終了です。

 

花托が手に入ったら、ぜひチャレンジしてみてください

いきなり、つるし飾りにチャレンジするのは大変ですけど、

これなら、

それほど難しくないし、完成までの時間も短くて済みそうですよ。

でも、実は、作り方としては、

「これが作れれば、つるし飾りも夢じゃない」ってくらい、

つるし飾りに応用できます。

・・・っていうか、

この「うさぎ」と「花」だけで、つるし飾りは作れますよ。

その時は、うさぎを半身だけにせず、

」の記事で、○と△の印をそれぞれ縫い合わせた後、

反対側も同じように縫って、両手両足を作ればいいんです。

そうそう、しっぽも忘れずに

花は、ふたつ作って背合わせにすればいいし、

それらを、紐につけてさげれば、立派な「つるし飾り」ですよ。

応用編として、これも、ぜひどうぞ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

蓮の実?の、ちりめん細工 うさぎの作り方② ~頭~

前回に引き続き、

蓮の花托を使ったちりめん細工「うさぎ」の作り方をご紹介します。

 

 

 

今回は、うさぎの頭の作り方をご紹介しますね。

体の作り方は、こちらをどうぞ→前回の記事 

 

 

 頭

Photo

  白の生地を直径4cmの円に切る。

  mimiは正絹を使っているけど、正絹でなくても

  縫い代は2~5mmくらいで、まわりをぐし縫いする。

  少し絞ってお椀みたいにして綿を入れて、さらに強く絞る。

   Photo_2

     ↑ギュッと絞って玉止めすると、後ろはこんな感じ。

 

 耳

Photo_3

  白と赤の生地をそれぞれ、2cm×2.5cmに2枚ずつ切る。

  白と赤を1枚ずつ、中表に重ねて、耳の形に縫う。

  耳の付け根になるところは、返し口として縫わない。

  耳の先になるところは、丸い形に縫ってから、

    直線の所と同じに縫い代をそろえて、角を落とす。

  同じものを、ふたつ作る。

  

 耳

Photo_4

  返し口から、表に返す。

  針に白糸を通して、

    2箇所の☆印を、小さくひと針ずつ縫って絞る。

  Photo_3

    ↑できあがると、こんな感じ。

 

 頭+耳

Photo_7

  で作った頭に、で作った耳を縫い付ける。

  後頭部の絞ってあるところを、耳の付け根あたりで隠すように

    縫い付けると、収まりがよくなって、仕上がりがきれい

  耳は、返し口の所を折り込まず、切りっ放しの状態で

    縫い付けても大丈夫

  先に、目や鼻をつけてから、耳を縫いつけてもOKだけど、

    耳をつけてからの方が、目や鼻のバランスがとりやすいので

    mimiは、

    先に耳をつけてから、目、鼻の順で仕上げるという手順。

 

 目

Photo_8

  針に赤い糸を通し、後頭部から刺し、

    針先を片方の目の位置に出す。

  針に赤いビーズをひとつ通し、針先を出したすぐ横あたりに

    針を刺し、もうひとつの目の位置に針先を出す。

  糸を少し強めに引くと、ひとつめの目がややくぼんだ感じになる

  同様に、赤いビーズを通して、2度目に出した針先の近くに

    針を刺し、後頭部に出して玉止めする。

  このとき、少し強めに糸を引くと、反対側の目も少しくぼんで

    鼻のあたりがふくらんだようになり、立体感が生まれる。

  ビーズがなければ、

    フレンチノットステッチ(玉止めのようなもの)で代用できる。

 

 鼻

Photo_9

  針に茶色の糸を通し、後頭部から針を刺す。

  鼻の位置横に針を出し、そこから1~2mm横に刺す。

  同じ位置で、2~3回同じように縫って、鼻をつくる。

  茶色の糸がなければ、お好みで、赤や黒で代用してもOK!

 

 顔できあがり

Photo_10

 

 

 

次回は、頭と体を合体させ、花托に差し込み、仕上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

蓮の実?の、ちりめん細工 うさぎの作り方① ~体~

ずいぶん前に、蓮の実?の、ちりめん細工という記事をUPしました。

蓮の花托の穴に、

ちりめん細工の「うさぎ」や「花」をつめたものです。

 

 

 

後日、蓮の実?のちりめん細工 作り方というタイトルで、

「花」の作り方をご紹介しました。

その後も、この時の記事を見てくださる方が多く、

今現在でもサイト内の人気記事ランキングで2位になっています。

 

 

 

その記事をUPした少しあとに、

やすこさんからコメントをいただきました。

蓮の花托が手に入ったので、

「うさぎ」の作り方を紹介して欲しいというものでした。

 

 

仕事が忙しかったり、

デジカメ、パソコンと次々に長老(?)たちのご機嫌が悪かったりで、

「うさぎ」の作り方をなかなかUPできませんでした。

ごめんなさい

 

 

 

この夏休みに、同じものをもう一度作って

その作り方を記事にしよう・・・と準備をしてきました。

「うさぎ」は、3回に分けて、その作り方をUPしていきますね。

今回は、まず、「うさぎ」の体からです。

 

 

 

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

 

 

 

材料→「うさぎ」一体分です。

    mimiは、生地に正絹を使っていますが、正絹でなくても

       白・・・10cm×8cm

       赤・・・3cm×5cm

         ※ 共に、わずかですが、余裕を持たせています。

     糸・・・白・赤・茶(鼻用。赤や黒で代用可)

     赤ビーズ・・・2粒(なければ、赤糸のフレンチノットで代用可)

     綿

 

 

 

作り方

 本体

1

  白布を、5cm×5cmに切る。

  四辺のうち三辺にそれぞれ中央(2.5cmのところ)に印をつける

  ○印と○印を合わせ、角を三角に折り、

    その角から、印をつけた中央に向かって、ぐし縫いをする。

  同様に、△印と△印を合わせ、角から中央まで、ぐし縫いする。

  これで、両足(手)ができる。

  続いて、☆印と☆印を合わせ、お腹を縫い合わせる。

  縫い代は2~5mmくらい。

 

 本体

2

  上の画像は、○△☆をそれぞれ縫い合わせたもの。

  ひっくり返して、

    縫い合わせていない一辺の方から、綿を入れる。

  綿を入れる道具は、コレ↓を使うと便利

    3

 

 本体

4

  綿を入れたら、綿入れ口を縫い絞って、玉止めする。

   

 しっぽ

5

  白布を1.5cm×1.5cmに切る。

  (画像は、わかりやすいように黒糸だが、実際には白糸で)

     玉止めをしてから、丸くぐし縫いをする。

  糸を少しだけ絞ってお椀のようにして、綿を入れてから

     ギュッと絞って、玉止めする。

 

Photo_2

  できあがった体を、

  上半身にしたいときは、これで、できあがり。(上画像内の右側)

  下半身として使いたいときは、お尻にで作ったしっぽを

    縫い付けてできあがり。(上画像内の左側)

 

 

 

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

 

 

 

リクエストくださったやすこさんへ♪

作り方を、なかなかUPできず、ごめんなさい。

今でも、mimiの手作り屋さんにあそびに来てくれているといいな。

この記事を見てくれていると嬉しいです

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

メイプルたっぷりのホットケーキ

ホットケーキが食べたくなって、

お昼に作って食べました

 

 

 

おいしそうに作れたので、思わずパチリ

Photo

 

 

 

ふんわり厚く、3枚できたぁ~

大好きなメイプルをたっぷりかけて、いただきましたもぐもぐ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

和布で風鈴

夏らしく、和布で風鈴を作りました

 

 

 

布で作ったので、音は鳴りません

 

 

 

2

 

 

 

色違いで、3つ。

風鈴の紐に平編みでアクセント。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

PCから更新しています (*^▽^*)v

やっと、やっと

niftyが表示されるようになりましたぁ~

 

 

 

ご心配くださった皆さん、すみませんでした

ありがとうございました。

m(_ _)m

 

 

niftyの連絡先を教えてくださったじのさん

本当にありがとうございます。

niftyに、連絡することができ、

おかげさまで、親切丁寧に教えていただき、

なんとか表示できるようになりましたぁ

 

 

 

これで、niftyのスタートページやmimiのブログは、もちろん、

ココログ友だちのブログも表示できますっ

ブログ友の皆さんのところに、お邪魔できますっ

ヽ(*^▽^*)/ わ~い

楽しみで~す

なんだか「浦島太郎」の気分ですよ

わくわく、どきどき

 

 

 

niftyの方のおっしゃるには、

IPv6というものの関係なんだそうですが、

この結果に至るまでは、

何度も調べてくださったり、mimiのパソコンの状態を確かめて

くださったり・・・。

すっごく丁寧に対応してくれました。

さすがnifty

感謝、感謝です

 

 

これで、やっとブログの更新ができます。

皆さん、また、よろしくお願いします。

m(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

手作り開始(≧▽≦)

(今回も携帯から更新しています)

やっと夏休みになりました

手作りも再開です。

いやぁ〜、忙しかったぁ


実は、時々は近況を報告しようかと
パソコンには向かってみていたのですが、
何故か、mimiのパソコンが、
思いっきりニフティだけを避けていて…


ニフティのホームページはもちろん、
ココログも表示されないので、
ブログを更新することも、訪問することもできないの

夏休みになったんだから、この機会に何とかしなくちゃ
がんばりますっ


手作りは開始しましたから、パソコンが直り次第、
更新したいと思っています。


そしたら、また遊びに来てくださいね
よろしくお願いします。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

。・(>_<)・。

なんてことでしょう


パソコンがおかしいことになっています。


久しぶりに更新しようかなぁ…と思った7月下旬くらいからなんですけど。


なんと…。

niftyだけが開かない


いろいろチャレンジしてみているんですけどね。
全然ダメなんです


自分のブログはもちろん、
他の方のブログもniftyだと見られないし、
niftyからのメルマガも画像は出ないの

yahoo!もGoogleもつながるのに…
nifty以外は、全く問題なし

niftyに聞いてみようかなぁ〜と思ったんですけどね、

niftyが開かないから、問い合わせの番号とか対応時間がわからない


今日になって、
ずっと前に携帯から更新したことがあるのを思い出して、
「よし!これだ
ってことで、書いてます。

でも、パソコンじゃないと全然、感じがつかめないよぉ


なんてことでしょう
助けてぇ〜〜(T-T)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »