« 作成キットのつるし飾り① | トップページ | 羊毛フェルトでアマクリソツ ~こびとづかん~ »

2013年2月14日 (木)

作成キットのつるし飾り②

作成キットのつるし飾りができました

 

 

 

ボンドで仕上げるパーツが多かったので、

割とすぐに仕上がりましたよ

 

 

 

でも、

見本のままじゃ、つまらないし、

mimiらしさをプラスしよっかなぁ~というわけで、

黄色いちゃんちゃんこの童は、おてんばさん風に

つるし紐をまとめた所には、平結びを飾りました

 

 

 

全体には、こんな感じです。

Cimg7325_3






 

 

 

で、大きくすると

Cimg7327_2


Cimg7326_7

|

« 作成キットのつるし飾り① | トップページ | 羊毛フェルトでアマクリソツ ~こびとづかん~ »

つるし雛・ちりめん細工」カテゴリの記事

mimiの手作り」カテゴリの記事

コメント

mimiさんはじめまして。いつも見せていただいてます。
多分私はmimiさんのお母さん世代です。
吊るし雛・・・私も挑戦したくてキットを買いました。
孫娘のために作りたいなと思っています。
少し慣れたらオリジナルも作ろうとmimiさんのブログ全て読ませていただいたので参考にさせていただきます。
いろいろ手作り楽しいですよね。パンのレシピも参考にして焼いてみましたよ。
まだまだ寒いけどお体大切に手作り楽しみましょうね。
一つだけ質問です。
吊るし雛を縫う時の糸って何を使ってますか?正絹の方がいいのですかね。

投稿: ゆりな | 2013年2月16日 (土) 08時13分

ゆりなさんへ♪
初めまして
コメントありがとうございます
お孫さんに作られるんですね?
素敵な贈り物です
mimiのブログ、全部見てくださったんですか?
うわぁ~、すごいです
記事数はかなりありますよ
ありがとうございます!
これからもよろしくお願いします。
ぜひまた遊びにきてくださいね
さて、
ご質問の糸についてですが、正絹の生地を使って作られるようでしたら、糸も正絹の方がいいと思います。
でも、あまり生地や糸などの素材にこだわらないようでしたら、パッチワーク用の糸(DualDutyなど)は、絡みにくいし、糸も通しやすいので、使いやすいです。
楽しいですよ。
がんばってくださいね
作品、できあがったら、mimiも見てみたいです

投稿: mimi | 2013年2月17日 (日) 15時13分

アドバイスありがとうございます。
さっそく正絹の糸買ってきました。針も細いものにしました。
やはり縫い易いですね。
mimiさんが作られたのと似ていてボンドではりつけるものがあるのでそれが大変です。図工が苦手だった私としてはキットはやめておいたほうがよかったみたいです。でも出来上がるまでがんばりますね。
また教えてくださいね。

投稿: ゆりな | 2013年2月18日 (月) 18時51分

ゆりなさんへ♪
正絹にされたんですね。
仕上がりが楽しみですね
さて、ゆりなさんも、ボンドで仕上げる系のキットですか?
mimiも実際に作ってみて、
縫って仕上げるパーツの方がラクだなぁ~と実感しました。
手がボンドだらけで、うまく扱えずヒヤヒヤものでした
でも、ボンドだからこその仕上がり方もあって、できあがってみれば、楽しかったです。
ボンドとも仲良しにならなくちゃ…と思いました
こちらこそ、仲よくしてください。
mimiにわかることでしたら、いつでもどうぞ

投稿: mimi | 2013年2月18日 (月) 22時21分

我が家の骨董品の一つにフラスコ型の子供の頭位の透明ガラス容器の中にこの形に丸い共布で出来ております頭に見える所と、帯状にお腹のあたりにくくった別布で仕上がった物が良く此の中に入れた物だと子供ながらに感心しておりましたが、瓶に帆船も入るのですから出来る方には出来るのでしょうね。勉強になりました。有難うございました。

投稿: ジャンボ | 2013年7月16日 (火) 13時39分

ジャンボさんへ♪
初めまして。
コメントありがとうございます。
なかなかお返事できなくてごめんなさい。
ところで、
ガラスの中に、さるぼぼですか?
すごいですね。
どうやって入れたのでしょう。
なんとも不思議です。
そんなすごいことを知ることができたのですから、
こちらこそ、ありがとうございました

投稿: mimi | 2013年8月14日 (水) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 作成キットのつるし飾り②:

« 作成キットのつるし飾り① | トップページ | 羊毛フェルトでアマクリソツ ~こびとづかん~ »